腰痛新常識を説明
腰痛について詳しく説明します 

公式HP①

腰痛の問題点とは?

なぜ治らない?どうすれば良くなる?

なぜ腰痛になるの?
なぜ治らないの?
どうすれば良くなるの?


腰痛で悩む患者さんの数は日本人の4人に1人、2800万人にも及ぶといわれています。

腰痛は統計開始以来ずっと1位

 治っても再発しやすく、100人中60~73人は1年以内に再発してしまうというデータもあります。
(Walker BF , Jspinal Disord, 2000)(Hestbeak L. et al, Eur Spine J, 2003)

 

腰痛は通院者数が多い

 

厚生労働省の国民生活基礎調査において、高血圧症の次に通院が多いのが腰痛!

 

医療費も莫大にかかっており、腰痛をはじめとした慢性痛の経済的損失は、年間1兆8000億円を超えるとの試算も!
(滋賀医科大学医学部付属病院のニュースより)

  

 

このように、
日本人が最も悩んでいる自覚症状で、再発しやすく、通院する人も多く、さらには、経済的にも大きな損失を与えているのが
腰痛なのです。

 

医学は目覚ましく発展しているのに…

 

医学は目覚ましく発展しています。
昔に比べて、検査をする画像診断の装置は格段にレベルアップしました。

○○治療、○○手術など、新しい技術がこれまで以上に世に氾濫しています。

 

高度な手術など治療技術の開発

 

 電気治療など新しい医療機器も次々メーカーが出しています。

腰に良いとされる健康グッズ、体に負担のかからないとされる商品も次々開発されています。

 

整骨院、整形外科にリラクゼーションサロンなど、治療を受けられるところが次々に乱立しています。 
なんと、大阪では、整骨院数がコンビニよりも多いことに!

コンビニ数を上回る整骨院数

 

雑誌やダイレクトメール、インターネットを覗けば、「俺の治療で治る!」と、神の手・ゴッドハンド先生が溢れかえっています。

 

手術の件数、MRIなどの検査、投薬も年々増加中。

治療や検査、薬にブロック注射も年々増加中

 

このように、腰痛患者さんにとっては、「過去最高の治療環境になっている」と言ってもよいでしょう。 

 

なぜか腰痛だけは…

みなさまご存知のように、医学は目覚ましく発展しています。多くの病気は減少傾向にあります。

当然、腰痛患者数も減少傾向にあるハズ…

 
 
と言いたいのですが、
残念ながら腰痛の患者さんは増加しています。  

 

88キャプチャ

 

 

上記で述べたように、腰痛患者さんにとって、間違いなく過去最高の治療環境のはずなのに、なぜ腰痛は減らないのでしょうか?


患者さんの体が悪くなっているから…というよりは、私たち、医療者側に問題があると指摘されています。効果のない治療を続けているからというのです。

スクリーンショット 2017-09-02 12.34.17

エビデンス(医学的根拠)が次々に発表され、腰痛に対する考え方が大きく変わってきました。これまで当たり前におこなっていた治療法が、
実は効果がなかった。
信じていた理論が実は間違いだった。このようなことが、最新の研究によって次々分かってきたのです。


しかし、医療者が古い常識にとらわれ、新しい考え方や新しい治療を受け入れられず、根拠の無い説明や治療をくり返しているから減らない。このように指摘されているのです。

 

欧米諸国の取り組み

メディアを使って腰痛新常識を拡散

オーストラリア・スコットランド・ノルウェーでは、腰痛の新常識を広めるため、メディアを使ったキャンペーンをおこないました。芸能人、俳優、厚生労働大臣、雑誌、テレビ、小冊子などを用いて、腰痛の新常識を国民に拡散しました。


腰痛は深刻なケガではない
腰痛になっても大抵は自然に治るもの

必要以上に安静を取らないで、普段通り運動や仕事を続ける
腰痛に対して前向きな気持ちをもつこと
画像診断は危険な症状がない限り必要がない
手術は深刻な腰痛でなければ必要ない

腰痛メディアキャンペーン

すると、
患者数も医療費も大幅に減少することに成功したのです。 

  

広範囲なキャンペーンが功を奏したのか、一般人だけでなく、医療関係者の意識改革にもつながり、無駄な検査や治療が減ることになりました。

参考


 
正確な医学情報を知ってもらえば、痛みに対する意識改革が起こって患者さんは治っていく。
また、治療する側の先生も、新常識を知ることによって間違った患者さんへの説明、無駄な検査、効果のない治療をしなくなる。


このようなことが、この腰痛メディアキャンペーンで判明し、今では世界中で広まっています。


日本では、まだまだ新常識は広まっていません。先ほどもお伝えしたように、効果のの期待できない治療、必要のない検査が横行してしまっています。

 




欧米で絶大な効果を発揮した新常識の拡散。
それにならって、
腰痛の新常識を少し説明させて頂きます。

   

 

背骨の異常は健康な人にも見られる

腰が痛くて病院に行くと、
とレントゲンを撮ることになります。
 
 
しかし、
健康な人にも椎間板の異常(背骨の異常)は
普通に見つかることが分かっています。
  

 顔のシミやしわと同じで、だれにでもあるのが当たり前。 
心配しなくても良いことが分かってきています。

NHKスペシャル 腰痛治療革命

 

あの「椎間板ヘルニア」でさえも、普通に見つかることが分かっています。

椎間板変性・椎間板ヘルニアは健康な人にも見つかる

 

なので、
背骨の変形や狭窄などの構造異常が見つかっても、それが原因で腰痛になるわけではないので、
心配なくて良いですし、
不安に感じなくて良いのです。



レントゲンやMRIを撮ると、視覚的に変形を見せられるので、多くの方は心配されますが…


d



背骨の変形や狭窄、椎間板ヘルニアは誰にでもある。それが原因で痛くなることはない。

と知るだけでも、少し安心できるのではないでしょうか。 

 

手術でしか治らないはウソ

 

レントゲンを撮る

医師に背骨の異常を指摘される

「手術でしか治らない」と宣告

私の腰は悪いのだ…
不安・恐怖心…


誰でもこうなると思います。
 
  
 
しかし、
先ほどもお伝えしたように、
変形と痛みは関係がありません。

 
 
変形=腰痛と思い込んでいると、
たしかに手術でしか治らないとなりますが、
 
 
変形は関係ないのだから、
手術をしなくても治るはずです。


 
それを証明するように、
手術の効果に疑問をなげかける研究が、
数多く報告されています。


 

固定術はやるべきでない

 

473名を11年間追跡調査した結果、脊椎固定術と運動療法・心理療法では、固定術の方がデメリットが多かったのです。


脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニアの手術

 
多くの人が困っている、椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症
 
 
「手術は短期的には優れていても、長期的にみると通常のリハビリと回復に差がない
」という報告もあります。


 
 
「手術でしか治らない…」 と思うのと、
「普通のリハビリで良いんだ!」と思うのでは、心の状態は大きく変わります。
 

  

背骨や骨盤のゆがみは無害

 
「ゆがみを治さないといけない」
先生から言われて信じている人も多いでしょう。


しかし、
歪みと腰痛は関係がありません

背骨が歪んでいても腰痛は起こらない

 

歪みがあるから腰痛になる、歪みが悪さを起こす、このような医学的根拠はまったくありません。


逆に、
歪みは無害という根拠ならあります。

ゆがみやズレは無害



200名の人に集まって頂き、腰痛の無い元気なグループと、慢性的な腰痛を抱えるグループと、ぎっくり腰などの急性痛のグループに分けました。


それぞれ、骨盤を厳密に測定したところ…


36ブログ用画像


全員が同じように歪んでいたのでした。



地球上に歪みのない真っすぐな人間は存在しません。
そもそも、内臓は左右バラバラの位置にあります。

 

骨盤の歪みはあって当たり前

 

 顔の歪みで痛い人がいないように、骨盤が歪んでいても大丈夫。


人間はロボットではないので、左右対称などありえません。

歪んでいて当たり前

 

握力も視力も聴力も左右バラバラ…
自然界にあるものは、すべて左右バラバラの非対称。

視力や聴力も左右差がある

 

左右非対称が正常なのです。
なのになぜ、骨盤や背骨だけ歪みを治そうとするのでしょうか。


医学的にも痛みの原因ではないと分かっているのに。

背骨と骨盤だけ、 まっすぐに治そうとするのはなぜ?

 

この間違った医療情報の最大のデメリットは、
メディカライゼーションです。



本当は治療しなくてよい患者さんにレッテルを貼り、
医療の対象にしてしまう行為をメディカライゼーションといいます。。


無駄な検査や治療が横行するので、
患者さんの金銭的な負担も増えますが、


それよりも深刻なのが、
本当は関係ないのに、
「私は○○が悪い」と思い込むことになり、



治りを阻害するだけでなく、
再発率を高めてしまいます。
 

「歪みがあっても当たり前」
こう思うだけでも、
安心することができ、改善率や再発率が好転します。


安静にしていると治りにくくなる

 

腰痛に安静は有害


急性痛、慢性痛に限らず、腰痛に対して安静にしていると、治るを悪くするばかりか、再発率まで高くなることが判明しています。


無理に動かしてはいけませんが、仕事や家事など、普段通りの日常を過ごすことが大切です。



腰痛の原因は?


まず注意しないといけない腰痛は、悪性腫瘍・感染・大動脈解離など内臓の病気に伴う腰痛です。

 
足の感覚が無くなる馬尾症候群なども要注意。
しかしこれらは、発症率が0.〇〇%と非常にまれなのと、問診の段階である程度判断できます。


 

多くの患者さんがお悩みの腰痛は、



 

「腰に原因がない腰痛」です。

 

 

 世界中で、
本格的に腰痛の研究が進み、
そして、数多くの研究論文が発表され、
腰痛の真の原因分かってきました。

 

  

 

 腰痛の原因は脳(DLPFC/側坐核)にある。
これが最新医学による腰痛の考え方です。

 

DLPFCの衰えが腰痛の原因

 

すべり症、分離症、腰椎症、背骨や骨盤の歪み…
 
これまで、腰が悪いとされ、病名を付けられてきましたが、それらの異常は、健康な人でも普通に見つかるので問題がない。

健康な人と長引く不調を抱える人の違いは、脳のDLPFC(前頭前野)にあるというのです。



腰をずっと治療しているけど治らない…
このようなお悩みのかんじゃさん。
原因が腰にないから…かもしれません。



DLPFC(前頭前野)が衰える原因は?

  

ストレスは原因の一つになります。


仕事のストレス。
人間関係や仕事への不満、労働条件などが関与します。

仕事のストレス

 

家庭でのストレス。
経済的不安、子育ての悩み、ペットや人との死別、夫婦関係の悪化など。

家庭のストレス

  
健康に対するストレス。痛みもストレスになります。

健康に対するストレス

 

DLPFC(前頭前野)は、このようなストレスによって衰え、痛みをコントロールできなくなります。

DLPFCの衰えが腰痛の原因

 
また、
感情をコントロールするところでもあるので、
 
うつ病などの不安を抱える人の脳も、
DLPFCの働きが弱くなっています。

 
そして、
同じように身体的な不調を訴えます。


このことからも、
心と体が繋がっていることが分かります。

 

うつ病と不安症の身体症状



 

DLPFC(前頭前野)を元気にする方法


感情とDLPFCは密接に関係がありますので、
不安・恐怖・悲しみ・怒りといった感情を、
安心・勇気・希望に変えることがとても大事です。


感情の変化が治療の本質



骨盤をどうのこうの、
背骨をどうのこうの、
椎間板をどうのこうの、
姿勢をどうのこうの、
 
とこだわるのではなく、
心であり脳です。


どんな方法でも、
結果的に脳(DLPFC)の働きを、
元気にすることに繋げることが大切です。
 
  



趣味を楽しむ、
恋愛をする…などなど様々な方法があります。



その中で、
一番大切で効果がすでに証明されているのが、



正しい医療知識を知って、
間違った思い込みを取り除くことです。


上記でお伝えした、
オーストラリアのメディアキャンペーンが良い例です。

腰痛メディアキャンペーン



情報を知って、
不安や恐怖心を取り除き、
患部や病気のことを考えなくて良いようにします。





意識改革を起こすことによって、
DLPFCの働きは改善するのです。



私たち、
ここから整骨院グループでは、


来院のたびに、
DLPFCの働きが良くなるように、
正確な医療健康情報や、
心理面のお話をお伝えするようにしています。




腰(患部)ではなく、
痛みを感じる脳にアプローチする。

 


そのため、
治療法も大きく変わってきました。

 


従来は、
痛みがある腰に対してアプローチしていました。




手技療法であったり、
物療で腰の治療をすると…




その場で、
「楽になった!」は当然起こります。





しかし、前述のように、
患者数も医療費も増加の一途。




その時だけなんですね。
患部が悪いと思わせる事にもなるので、
再発率も高くなってしまいます。

 




新常識にも基づく腰痛治療の
メインターゲットは脳です。

 

 

いかに、


脳の働きを活発にすることができるか

 


これが、
早期回復のポイントであり、
長引く症状を改善させるポイントにもなるのです。

 

 

脳の働きを活発にするは、
まずは何をすればいいのか?

 

諸外国の腰痛診療ガイドライン(医師の手引書)には、

 

 

「最新の根拠に基づく医療情報を患者に教えなさい」

 

と勧告されています。

 

 

古い誤った考えを持っていると、
間違った先入観によって、
治るものも治らなくなります。


最新の腰痛情報にアップデートし、

 


不安や恐怖心を取り除き、
安心と勇気と希望を持つこと

 

 

これが、
腰痛改善の第一歩になるのです。

 

 

 

東大阪市
若江岩田ひがし整骨院、
八戸ノ里ここから整骨院
長瀬ここから整骨院では、


初めて来院して頂いた患者さんには、

充分な時間を確保して、




最新の医療情報、
痛みについての正しい知識、
正しい対処法、
などをお伝えさせて頂きます。

  

   

なぜ痛みが出るのか?
なぜ治らないのか?
どうすれば早く治るのか?
スクリーンショット 2016-07-28 16.35.42

 

 

これらを、動画やイラストを用いて、
分かりやすく丁寧に説明していきます。

 

  

このページでも、
腰痛の新常識をいくつかご紹介させて頂きます。
腰痛が治らないでお困りの方は最後まで読んで頂ければと思います。

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

腰痛が改善しない・悪化する理由

腰痛が改善しない・悪化する理由

厚生労働省によると、日本人が自覚している症状の第1位が腰痛です。

 

これだけ医療や施術技術が進んで、

マッサージ店や整骨院、
カイロプラクティックなどが乱立しているにも関わらず、
腰痛患者はいまだ増え続けています。

 

実際、当院に来院して頂く方の中にも、

『腰痛とは、一生の付き合っていくものだと思っていた・・・』
『早くひがし整骨院を知っていればよかった。』

というコメントを頂きます。

 

 

長引く腰痛ほど、脳や心の状態が深く関わっています。

 

認知行動療法などの心理療法が世界の標準治療になっているように、
新しい腰痛常識に合わせたアプローチをしないでいると、
改善しないだけでなく最悪は悪化していく事になります。

 

日本では、まだまだ浸透しない

「腰痛と脳の関係」

そこで、ドイツの病院とオーストラリアサウスウェールズ州で公表されているアニメーションをご紹介します。

 

 

 
 
  

いかがでしたか?
日本の病院で受ける説明とは大きく違いますよね。

残念ながら、
日本の痛み医療は欧米諸国と比べて20年遅れているといわれています。

 スクリーンショット 2016-07-28 17.11.24

上の図は、脳や心の面など最新の医学を基に治療をしている(集学的アプローチ)
痛みに特化した専門病院の人口に対する施設の数です。
 
日本がいかに遅れているかが分かると思います。

 

ひがし整骨院・ここから整骨院は、
最新の医学常識に基づいた根拠ある説明と施術を心掛け、
少しでも改善する確率が高くなるように取り組んでいます。

  

 

  

腰痛の施術法は?

腰痛を得意としています

東大阪市ひがし整骨院・ここから整骨院の腰痛施術は、

最新の「腰痛診療ガイドライン」に沿った説明と施術
を心がけています。

対話を重要視し、
体だけでなく心の面からもアプローチして、 
回復のお手伝いをし、根本改善に導いていきます。  

 

cocokara_panel

お分かりの通り、
心の面、意識改革がとても重要とされていますので、
体への治療だけでなく、問診や説明も大切になります。 

 

そのため、
特に初回は、十分に時間を取って症状を聴かせて頂き、
その後、根拠に基づく最新の腰痛概念を説明していきます。

 

「え~っ!?知らなかった!」と、驚かれる方が多く、
 
説明の段階で、
「心も体も楽になった」と喜ばれる方もおられます。
 

その後、
全身の状態を検査して体へ施術へと移っていきます。

 

慰安的なマッサージや、バキバキ鳴らすような怖い施術は一切しません。

  

施術を初めて体験した患者様は、
「えー!?」と驚かれる事が多々あります。

99%の方が、
その場で効果を実感して頂ける施術をしています。

  

施術後は、今後の治療計画や、
自分で出来る脳の活性化法・腰痛対策などを説明させて頂いております。(資料付き)

   

・病院・整骨院・整体、色々通ったけど治らない
・電気治療。骨盤矯正・マッサージ牽引を受けてるのに治らない
・「手術でしか治らない」と言われて落込んでいる
・最新の医学常識で治療を受けてみたい
・「こんなもの」「諦めている」とお考えの方



ぜひ一度、
当院の施術プログラムを受けてみてください。

 


「治るかもしれない…」

自信や安心を持って頂ける思います。

 

各種腰痛について

 

スクリーンショット 2016-08-01 17.39.13 スクリーンショット 2016-08-01 17.39.23 スクリーンショット 2016-08-01 17.39.32 スクリーンショット 2016-08-01 17.39.41

 

 

ひがし整骨院に通院するのにかかる料金はこちら

メニュー・料金ページへ

東大阪市 ひがし整骨院 施術の流れ

予約

予約

お電話またはメールでご予約お願いします。

来院・問診表に記入

来院・問診表に記入

保険証の持参と動きやすい服装で来院ください。分かる範囲で問診表に症状をご記入ください。

カウンセリング

カウンセリング

問診票を元に詳しくお話を聴かせて頂きます。リラックス出来る優しい空間づくりを心がけています。

検査

検査

全身の姿勢異常、バランス、筋肉の状態、神経の働きなどを調べ、悪さを起している原因を特定していきます。

説明

説明

「どこが悪いのか」「どこを治さないといけないのか」「どんな治療をするのか」などをお互い確認していきます。科学的根拠に基づいた、最新の医学情報をお伝えする事を心がけています。

施術

施術

説明に納得して頂きましたら施術に入って行きます。初回は、基本的に「バイタルリアクトセラピー」で施術します。

施術後の再検査

施術後の再検査

施術によって、身体に起こった変化を確認していきます。
「えー!?」と、その変化に驚かれる患者様も多くいます。

今後の治療計画

今後の治療計画

どこまで治せば施術終了とするのか。患者様と治療者の認識のズレを防ぐため、今後の計画を立てていきます。

xxxxx

お大事に!

受付で治療費を支払い終了になります。施術計画書やその他の資料をお渡しさせていただきます。

東大阪 ひがし整骨院 Instagram

腰痛新常識を発信中 東大阪 ひがし整骨院 Facebook

ひがし整骨院のYouTube

ここから整骨院グループの各院ご案内

若江岩田ひがし整骨院

若江岩田ひがし整骨院
ひがし整骨院
電話番号
住所 〒578-0941
大阪府東大阪市岩田町4丁目16-15
アクセス 近鉄奈良線「若江岩田駅」より
徒歩1分
営業時間
8:30~12:30
16:00~20:00

▲は、14:30~18:30 ※予約優先制

  • インスタグラム
  • facebook
  • youtube
  • ツイッター
  • アメブロ
  • エキテン
クリックで各ページに移動します
ひがし整骨院までの詳しい行き方

八戸ノ里ここから整骨院

八戸ノ里ここから整骨院
八戸ノ里ここから整骨院
電話番号
住所 〒577-0803
大阪府東大阪市下小阪5-1-16
シャルマンヴァンベール1F
アクセス 近鉄奈良線「八戸ノ里駅」より
徒歩2分
営業時間
8:30~12:30
16:00~20:00

▲は、14:30~18:30 ※予約優先制

  • インスタグラム
  • facebook
  • アメブロ
  • エキテン
クリックで各ページに移動します
八戸ノ里ここから整骨院までの行き方

長瀬ここから整骨院

長瀬ここから整骨院
長瀬ここから整骨院
電話番号
住所 〒577-0807
大阪府東大阪市菱屋西1-23-34
アクセス 近鉄奈良線「長瀬駅」より
徒歩1分
営業時間
8:30~12:30
16:00~20:00

▲は、14:30~18:30 ※予約優先制

長瀬ここから整骨院までの行き方