東大阪の整体・整骨院|若江岩田駅・八戸ノ里駅・長瀬駅徒歩2分

ブログ

2021/05/28

まだ怖がってますか?実は怖くないヘルニアの最新情報


こんにちは(*^^*)
東大阪市で腰痛の患者さんに来院して頂いてるひがし整骨院です。


「病院で原因が見つからず、ヘルニアにしときましょう」
と告げられ、不信感全開で来院して頂いた患者様。


今回は、
このような「腰痛の原因が分からない」的なことを言われる
理由についてお伝えさせていただきます(*^^*)



この記事でお伝えしたいこと
・レントゲンを撮っても腰痛の原因は分からない
・背骨の異常と腰痛とには関連性がない
・不安や恐怖心を取ることが大事


レントゲンでは原因が分からない



Aさんは、

ぎっくり腰になり病院に行かれました。


体を動かした時にギクッと腰に激痛が走る


動けないほどの痛みが出るが、
何とか車に乗って総合病院へ


あまりの痛がり様に入院を勧められ
精密検査(画像検査)で原因を特定することになります。


レントゲン検査
背骨に異常が見つからない

もっと詳細に調べるためにCT検査

背骨も椎間板も正常

MRIでさらに詳しく調べる

どこも悪くない…



この結果に医師は困りました。



Aさん
「私の腰痛の原因は何なのですか?」



 
と、担当してもらった数人の先生に聴いたところ…


「う~ん…分からないですね…」



何とも頼りない返事。
最後には…



 

「ヘルニアにしときましょうか」
 

 
と、言われたそうです(笑)
 


背骨の異常と腰痛とには関連性がない

 

画像検査で背骨を調べても、
原因が見つか訳ではない。



これが今の世界のスタンダードな考え方のようです。



多くの研究結果によって、
背骨や椎間板の異常は腰痛とは結び付かない。


腰痛の原因は別のところにある。


このような研究が、
1990年代後半からたくさん報告されました。



画像検査は背骨に調べるものですが、
撮るだけ無意味だということなのです。
 


ご存知の方も多い方思いますが、 
ヨーロッパなどの医療機関では、ほとんど画像検査をしません。


何か重大な病変が疑われる時のみ(レッドフラッグ)撮影しますが、
腰痛で病院に行って、

はいまずは画像検査


という流れはもはや日本だけかもしれません。



画像検査は有害にもなる?

 

画像検査による不利益も調査で判明しています。


画像検査は正常だが腰痛があり、
原因が分からないと説明を受けると…

 
「原因が分からないのに何故こんなに痛いんだ?」
→不安を与えることになる。
 

「痛くて病院に言ってるのに、原因不明?治療は薬だけ?」
→怒りと医療不信を与える。
 
 

「何か腰に怖い病気があり見過ごされているのかも…」
→ネットで腰痛を検索しさらに不安がつのる


このように、
不安や恐怖心や怒りといった負の感情が作られ、
それが、痛みを強くしたり、


症状が長引く慢性化の原因になっていくのです。


また、
画像検査で異常が見つかっても、


それは腰痛の原因ではないのに、
原因にされることによって、


不要な手術の件数が増えてしまうことも
問題になっています。


なので、
欧米の医療機関では
腰痛に画像検査は不要という流れになっているのです。


腰痛は怖い病気ではない

 

 
今回の病院のケースのように、
画像検査ばかり行って、
結局不安感や恐怖心を与えているだけでは、
治るものも治らないし、
慢性化の可能性を高めてしまいます。

 
 

  
Aさんは、
当院に来られ幸い初回の施術で痛みがかなりマシになりました。

 
整骨院や治療院の多くは、
1回の施術でも症状を軽減させるのは得意分野でしょう。


それよりも大切なのは、
正確な医療情報を伝えて不安や恐怖心を持たせないことです。


とにかく痛みを少しでも軽減する。
根拠に基づく説明をして安心や自信を持ってもらうようにする。


これがとても大切です。


お伝えしたこと
・背骨の状態は今の腰痛とは無関係
・だから画像検査で異常が見つかっても見つからなくても同じ
・この痛みがクセになることもない
・あくまで一時的に痛みが強いだけ
・腰痛の自然治癒率は86%と言われているので安心
・できる範囲で動かして自信をつけていく
・必要事情に意識したり心配しないこと
・腰に対する不安や恐怖心、また日常でのストレスなど心の状態には要注意

 
施術で楽になってもらったあと、
このようなお話をして帰って頂きました。

 

「ヘルニアにしときましょうか」
とふざけた説明を受けて不安になり、


症状も強かったAさんですが、
数回の施術でほぼ完治の状態になりました。



このように、
少しでも痛みを和らげて心身ともに楽になってもらい、
正確な情報を提供して心を前向きにしてもらう。



これをすべての医療機関でできれば、
間違いなく、今の増え続けている腰痛患者数も減少に向かっていくと思います(*^^*)







本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師 東剛士が監修しています


新型コロナウイルス対策




が痛い…」「の凝り…」「自律神経を診てほしい…」

体の不調でお悩みの方はお気軽にご相談ください(^^)
 


 


しっかり丁寧に診させて頂きたいので、
初めての方は☆予約制☆になります。



【東大阪市ここから整骨院グループの公式HP】



☆簡単!LINEから相談・予約☆



若江岩田ひがし整骨院
【若江岩田ひがし整骨院】

〒578-0941東大阪市岩田町4-16-15
072-964-5355


八戸ノ里ここから整骨院
【八戸ノ里ここから整骨院】
〒577-0803東大阪市下小阪5-1-16


長瀬ここから整骨院
【長瀬ここから整骨院】
〒577-0807東大阪市菱屋西1-23-34
2021/05/28
カテゴリー:
  • 医療健康情報
ご予約の流れ
LINEからの予約方法
電話予約の流れ
若江岩田ひがし整骨院電話番号
八戸ノ里ここから整骨院電話番号
長瀬ここから整骨院 電話番号
初めての施術の流れ
スマホで予約
予約

お電話またはラインでご予約お願いします。

受付での接遇
来院・問診表に記入

受付で「予約していた○○です」とお伝えして頂くとスムーズです。

カウンセリング風景
カウンセリング

問診票を元に詳しくお話を聴かせて頂きます。

検査風景
検査

体の状態を詳しく調べ、悪さを起こしている原因を特定します。

説明風景
説明

イラストや動画を用いて、分かりやすく説明いたします。

施術風景
施術

即効性のある施術ですが、ソフトなのでご安心ください。

施術後の再検査
施術後の再検査

「え!?なんで?」と、体の変化に驚かれる方が多いです。

今後の通院計画を説明
今後の治療計画

施術卒業のゴール設定や、今後の通院計画を話し合います。

会計をして終了
お大事に!

施術計画書やその他の資料をお渡しさせて頂き終了となします。